介護師とシニア男性

国保連中央介護伝送ソフトは介護を支える素敵なツール

介護のフランチャイズ

トランプする男女

フランチャイズとしての将来性

フランチャイズとは、本部から商号や商法を提供されたオーナーが、新規に開業するという形態の事業です。今までは、コンビニやファストフードなどの分野に多かったのですが、最近では、介護の分野で増えています。フランチャイズとしての将来性や安定性を考えると、日本は4人に一人が高齢者で、今後も高齢化が進むことが予測されますので、有望な分野です。また、事業形態も、介護が必要な高齢者の居住する施設から、デイサービスのような時間限定の施設もあります。また、介護が必要な高齢者の自宅に訪問し、健康診断や身の周りの世話、マッサージや鍼灸を行うといったサービスもあります。後者の場合は、施設を所有する必要がないので、より気軽に開業できます。

介護に特有の注意するべき点

介護のフランチャイズでは、他の分野にない特有の注意が必要です。まず、介護に関する知識や技術が必要です。それを持った人が始めるか、本部が研修を行う必要があります。また、身体に障害があったり、認知症を発症している高齢者を24時間介護するのは、心身共に大変な重労働です。それをこなせる従業員を集める必要がありますし、従業員の労働環境にも気を配る必要があります。介護の分野は、満足感も大きいですが、精神的肉体的にきつい仕事なので、短期間で辞める人が多いのです。もともと介護では、高齢者に奉仕し、感謝される満足感を土台にしているところがありますが、奉仕精神だけでは経営が成り立たない現実があります。そこが、他のフランチャイズと異なるところです。

Copyright© 2016 国保連中央介護伝送ソフトは介護を支える素敵なツール All Rights Reserved.